AutoHotKeyとLunaMacrosキーボードマクロでPremiere Proを自動処理する方法

情報
スポンサーリンク

最近役に立ったツイートです🔽

早速なのですが、キーボードマクロを使って、ありとあらゆるエフェクトとかトランジション、効果音とかを自動で挿入できたらいいなと思ってたんですが、いい動画を見つけたので紹介します。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

このチャンネルで編集担当をしているTaran Van Hemertさんのチャンネルで面白いマクロが紹介されていたので、今回の記事ではそれを扱います。

この方法では、マクロが足りなくなった人のために、二つのキーボードを使用します。
特殊なキーボードでなくても、インストール可能なのでどんなキーボードでも導入可能です。

AutoHotKeyを使ったマクロ設定

Windows専用の無料マクロソフト、AutoHotKeyを使ってプレミアを高速化していきたいと思います。
AutoHotKeyは専用の書き方でスクリプトを書かなきゃいけないんですが、Taran Van HemertさんがGithubで公開してくれているのでダウンロードするだけで使用可能です。

*参考動画

ダウンロードファイル

LunaMacros
http://www.hidmacros.eu/forum/viewtopic.php?f=10&t=241#p794

AutoHotKey
https://www.autohotkey.com/

スクリプト類
2nd_keyboard_if_using_luamacros.ahk
https://github.com/TaranVH/2nd-keyboard/blob/master/LUAMACROS/2nd_keyboard_if_using_luamacros.ahk

SECOND_KEYBOARD_script_for_LUA_MACROS.lua
https://github.com/TaranVH/2nd-keyboard/blob/master/LUAMACROS/SECOND_KEYBOARD_script_for_LUA_MACROS.lua

keypressed.txt
https://github.com/TaranVH/2nd-keyboard/blob/master/LUAMACROS/keypressed.txt

導入方法

  1. 両方のキーボードが接続されていること
  2. ダウンロードとインストール LuaMacros & AuthoHotkey.
  3. 2nd_keyboard_if_using_luamacros.ahkSECOND_KEYBOARD_script_for_LUA_MACROS.luakeypressed.txt を github repositoryからダウンロードします。
    RAWボタンからダウンロードできます。 全部同じフォルダーにダウンロードしてください。 C:\AHK\2nd-keyboard\LUAMACROSこの階層に保存することをお勧めします。この階層に保存すると、後からパスを変える必要が無くなります!
  4. SECOND_KEYBOARD_script_for_LUA_MACROS.luaをLuaMacros.exeを使って開きます。
  5.  “play” ボタンをクリックします。認識画面が出てきますので、2番目のキーボードのキーをなんでもいいので押してください。そうすると、別々のキーボードとして認識されます。
  6. 2番目のキーボードはそのうち認識しなくなってしまうのですが、それはLuaMacrosが入力をブロックしているからです。
  7. 2番目のキーボードのスペースキーを押して、keypressed.txtをチェックしてみてください。”spacebar”と表示されていたら、認識されています。
  8. Almost_All_Premiere_Functions.ahk 右クリックして、notepad++のようなテキストエディタで開いてください。
  9. スクロールして、ファイルのパスを変更してください。C:\AHK\2nd-keyboard\LUAMACROS\keypressed.txt から、keypressed.txtが実際にある場所にパスを変更します。
  10. 2nd_keyboard_if_using_luamacros.ahk は2番目のキーボードが認識されているか確認する用です。自分でマクロを追加しても良いですし、Almost_All_Premiere_Functions.ahkからコピペしても使用可能です。ただ、各自のシステムに適応させるために、書き換える必要があるので難易度高め。coordinates, windowClasses, colors, shortcuts等々を書き換える必要があります。

質問等

https://linustechtips.com/main/topic/577981-87-key-macro-keyboard/

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました