“WooCommerce”と“AliDropShip”を使って転売サイトを作った方法

ウェブショップ
スポンサーリンク

以前に、【不労所得?】ネットショップ作って広告出してみた結果【ガチ後悔】ウェブショップめちゃ面倒くさいの二つの記事で僕が実際にECサイト=転売サイトを作って物を売ってみたことについて書いたのですが、

今回は、実際にその流れと方法を書きます。

結論から述べると、方法自体は誰でも出来ますし簡単ですが、難しいポイントとして商品の選定と広告の打ち方、あとサイトのデザインが命だなって思いました。

では、最初に手順と概要を軽く説明します。

僕がやった方法は「無在庫転売」海外では「DropShipping」と呼ばれている手法です。
(在庫を持つことなく、購入者から注文された時点で自分で通販サイトで買って、送り先を購入者の住所にして、発送するというもの)

この記事で登場する「AliExpress」は通販サイトで、中国版の激安Amazonだと思ってください。
「WordPress」はブログを自分で作れるソフトだと理解してください。「WordPress」「AliDropShip」「WooCommerce」と言うプラグインを追加して、ブログをネットショップ化しちゃおうぜ!と言うのがこの記事の大まかな流れです。

やること自体は簡単です。

サイトを作り、そこにAliExpressで売られている商品を持ってきて、価格を高く設定して売る。
お客さんはどこから来るかと言えば、インスタストーリーズ広告を出しているので、それをクリックした人が来ると言う仕組みです。

そんな方法で上手くいくの?

と思ったあなた!僕も最初は上手くいくわけ無いだろうと思っていました。結果は以下の記事で詳細に書いているのでぜひ最後まで読んでみてください。

  1. ドメイン&サーバー購入
  2. WordPressのインストール
  3. ショップのアイデア決め
  4. 商品を選定する
  5. WooCommerceとAliDropshipをインストール
  6. サイトのテンプレートインストール
  7. AliExpressから商品をインポート
  8. FBアドマネージャーから広告出稿
  9. 発注作業

目次をタップすることで、読みたい場所に飛べます。

ドメインとサーバーを買う

WooCommerceとAliDropShipを使う場合、自分でドメインを取得してサイトを作っていきます。
(プラグインのインストールが必要になってくる為)

俺、サイトなんて作れねぇよ…

そんな貴方でも大丈夫です!この記事を読むだけで、貴方は自分自身のウェブサイトを一日30分の単純作業で作ることができるようになります! (いや、急に情報商材ッ!!cv:粗品)

僕が使ったサーバーはロリポップサーバーで、ドメインはお名前.comで買いました。
(ちなみにこのブログも同じ方法で作っています)

ご利用料金 - レンタルサーバーならロリポップ!
ロリポップ!レンタルサーバーのご利用料金です。
ドメイン取るならお名前.com|ドメイン取得は最安値1円~
お名前.comは国内最大級のドメイン公式登録サービスです。ドメイン登録実績2400万件を超えました。人気の.com .net .jpドメインを含め580種類以上のドメインを取り扱っています。ドメイン登録は早い者勝ちです。第三者に取得される前に、まずは検索を!

ドメインとサーバーを紐付けてそっからWordPressをインストールしていきます。
簡単インストールって言うのがサーバーにあるので、それを使うとクリック一つでワードプレスをインストールしてくれるので便利です。

紐付け作業とかは、Googleっていうサイトから検索することで方法が見られます。

転売サイト作る気あるならサイト作成なんて秒!!

WordPressをサーバーにインストール

WordPressって、最初は取っ付きにくいというか、GoogleやYouTubeの洗練されたUIや高速レスポンスに慣れていると、モッサリしていて扱いにくい印象を受けますがそう言うものです。慣れましょう。

あと、404エラーとかワケワカメなバグが結構起こります。でも基本的にサイトデータぶっ飛んだりすることは無いです。サーバー側のセキュリティが強すぎて変なアクセスすると、管理者でさえアクセス制限されたりします。

うわぁ!セキュリティってすごい!

WordPressをインストールする時に知っておけば良かったこと

サーバー上で、WordPressをインストールする場所は~/WP01のように、一個階層を分けて入れましょう。

サーバー直下に置くと、後々複数のWordPressをインストールする時にどれがどれだか解らなくなるので。

~/WP01にインストールしても、~.com/WP01になることは無いので安心してください。WP01を参照するように設定するだけです。

僕は、ぐちゃぐちゃに色んなワードプレスをインストールしてサイトぶっ壊したことがあるよ??wwww

どんなショップにしたいか考える

  • ドメイン
  • サーバー
  • WordPress

このインストールが済んだらどんなショップにしたいか考えましょう。
実際、先に考えておいた方がいいと思うんですが僕はせっかちなので先にやってから考えています…

とりまサイト作ったろ〜の精神

ショップモデル

ECサイトのモデルを紹介します。最初に全部固めるのではなくて、あくまで初期段階の方向性決め程度に思ってください。

うまくいかなかったら違う方法を試してみよう!

*算数の教科書にこーゆうキャラいた

ショップ例1 理想的だが難しい

転売ショップを隠して、あくまで自社ブランドか、セレクトショップ風にしてサイト自体をブランド化していく。インスタ等のSNS流入を期待する、検索流入を期待する、場合。

そうなると、一個段階を踏んで、インフルエンサーに商品送ったり、SNSアカウント運用したり、ブログ書いてあたかも人気ブランド、勢いのあるブランドのように演出する必要があります。

ただ、例えばインフルエンサーに商品送っても、彼らって大体提供された服ばかり着ているので、紹介してもらっても影響が持続しないと言うか、相当送る数を増やして、溢れるくらいやらないと効果が出ないかなって思います。

あと、ペルソナ=「自分のショップブランドを好きそうな層」の選定も難しいかなって思います。実際に僕が無在庫転売ショップをやってみて分かったことは、自分が好きじゃ無いものを売ることの難しさ。

自分が興味ないけど、売れている商品ってありますよね、あれを売るのって相当苦痛です。作業も別に楽しくないし、それが連鎖して結局売れないってことになる…

なので、大衆受けしていなくても、自分がこれは売れるなって思う商品があれば、小さいパイ=「欲しいと思っている人の総数が少ない」の全部を埋めることを目標に売ればいいかなって思います。

学生風情が片手間でショップやるんだから、楽しいもの売りたいよね?の精神

ショップ例2 理想論捨てて運営

これは実際に僕がやった例で、簡単に利益が出ました。
ペルソナ=買いたい層の選定も”自分+その周辺”としておけば簡単です。

先に言ってしまうと、インスタ広告を出してサイトに流入させて商品を売っていたのですが、僕自身インスタ広告からスワイプで商品を買ったことが無くて、買う奴いるのかな?状態ではじめました。

やってみて初めて分かったのですが、インスタ広告から商品まじで買う奴おる。

売っていたのは僕自身のインスタストーリー広告に出てきていた、スマホケースに「似ている」スマホケースです。

一時期やたら安そうなプラスチックのスマホケースが広告出てきませんでしたか?あの時期に

これなら売れるんじゃね?知らんけどww

の精神でネットショップを初めて、結構売れました。

すでに簡単な僕の手法を簡単にまとめると

  1. インスタストーリーでやたら出てくる商品をパクる
  2. それに似た商品を探してきて、ショップに載せる
  3. 価格をだいぶ安く設定する
  4. 脳みそに刺さるような広告を載せる

この手法で最初に5000円分の広告を打ちました。
その結果30個くらい売ることができました。

この手法のデメリットは、薄利多売なので面倒くさがりやの僕が面倒くさくなっちゃう」(小泉進次郎構文)と言うことです。

AliDropshipには送り先住所を自動で入力する機能があるのですが、AliExpress側が日本語住所に対応しておらず、いちいち日本の地名をローマ字に変換する必要がありました。

めっちゃダルかったです!

転売する商品決め

AliExpressにアクセスして、転売する商品を選定していきます。
その時に注意するポイント

  1. レビュー数
  2. レビューに写真付きコメントがあるか
  3. オーダー数
  4. 送料無料かどうか

これだけ見れば大抵の場合大丈夫です。
AliDropshipの機能で、AliExpressからコメントや評価、写真も引っ張ってこれるので、出来るだけ評価の多い商品がいいと思います。

評価多い=売れやすい

僕が実際に売りまくったのは、スマホケースです。
最近インスタのストーリーでやたらスマホケースの広告が出て来てたので、売れるんじゃないかなと思ってその広告と瓜二つの(多分パクリ?偽物?)のスマホケースを販売しました。

ただパチモンを売れば良いって訳じゃなくて、例えばモンクレールとかの偽物っぽい広告よく出てくるんですが、あれ見ても買わないですよね?(よね?)

その理由って、「それはいかにも偽物だろ。」という気持ちのストッパーが作用してると思うんです。なので、そのギリギリを攻めた商品選定が良いかなと思います。

もちろん、パクリではなく単純に良い商品を売るってのも良いと思います(AliExpressにオリジナル商品って売ってるのかな?)

ただ、どんな商品もある程度どこかしらからインスピレーションを受けてたり、インスパイアとかって言ったり、結局パクリってことですよね。なので、特に売れそうな商品だったら速攻商品リストにインポートしてしまいましょう。

ここで良心の呵責に苛まれる人は無在庫転売なんてしないですよね?わら

WooCommerceとAliDropshipをインストール

ここから、ワードプレスにウェブショップ機能を持たせるプラグインをインストールしていきます。

使うのはWooCommerceとAliDropshipです。

WooCommerceはWordPressのプラグイン画面から検索することでダウンロードできます。
https://woocommerce.com/

AliDropshipは、有料プラグインなので、公式サイトからダウンロードしてください。
https://alidropship.com/plugin/

AliDropshipでやらかした事

AliDropshipを入れて登録すると、違法にプラグインがコピーされないように、サイトURLとプラグインが紐付けされるのですが、この紐付けがかなり強固で、www.~のアドレスからwwwを抜いたアドレスに変更しただけで、違うサイト認定されて、しばらく使えなくなりました。

メールでサポートに連絡する事で解決したのですが、結構焦りました。
ただ、サポートの返信が秒で、ラインかよって感じで面白かったです。(英語対応)

AliDropshipのメリット

AliDropshipのメリットは何と言っても、AliExpressからボタン一つで直接商品をインポートできる点だと思います。Oberloという定額制のライバル的存在もあるのですが、僕はAliDropshipを買いました。買いきりだったから!

買いきりで$89なのですぐペイできるかなと思って、AliDropshipを買った訳ですが、実際ペイできたので良かったです。

OberloとAliDropShip、Shopifyの比較動画を見つけたのでぜひ見てみてください。

この動画を簡単に要約すると
定額制のOberloと定額制のShopifyはクソ!定額制はクソ!
買い切りのAliDropship神!と言う内容です(ガチ

Oberlo For WooCommerce – Oberlo Alternative Plugin (Save Money)

サイトのテンプレートをインストール

最初にめちゃくちゃ簡単と書いたのですが、実際にサイト作るのもめちゃくちゃ簡単です。
WooCommerce対応のWordPressテンプレートをネットから拾ってくるか、テンプレート画面から検索してインストールしましょう。

オススメのテーマ

オススメのテーマは、スマホ表示した際に2カラムで表示されるテーマです。
一回に目に入る商品の量が違いますし、結果的にサイト滞在時間のアップなどが見込めると思います。

紹介する二つのテーマは結構クオリティも高く、拡張性もあるのでオススメです。
モバイル表示した際もしっかり2カラムで分けて表示されます。

ほとんどのユーザーがモバイル端末からアクセスすることが考えられるので、テーマ選定ではまず最初にモバイル表示での使いやすさを確認します。

Rion – Fashion WordPress Theme for WooCommerce

Rion - Fashion WordPress Theme for WooCommerce by Fami_Themes on Envato Elements
Download Rion - Fashion WordPress Theme for WooCommerce WordPress by Fami_Themes. Subscribe to Envato Elements for unlimited WordPress downloads for a single mo...

Savoy – Minimalist AJAX WooCommerce Theme

Savoy - Minimalist AJAX WooCommerce Theme Preview - ThemeForest
<p><strong>Savoy creates the basis for an amazing online store.</strong> Its mo...

AliExpressから商品をインポート

ここまで来たら、あとはショップに商品を追加していくだけです。
AliExpressから売りたい商品をワンクリックで自分のショップに追加できるので、めちゃくちゃ簡単です。

Google Chromeに拡張機能を追加

Google Chromeで以下のサイトを開いて拡張機能をブラウザにインストールします。
自分のサイトと紐付けて終わり!

AliDropship
Extension for AliDropship plugin. Allows direct import of AliExpress products to the user's dropshipping store.

AliExpressにアクセスすると自動的に拡張機能が働いてくれて、ボタン一つで商品の追加が行えます。

商品追加時の注意

商品追加時の注意点としては、商品画像が粗かったり、中国語が混ざっていたり、日本人が買う際に不安要素が満載なので、そこらへんを消去していく必要があります。

具体的には、すぐに公開せず一度インポートリストに商品を溜めて、一個づつ写真をダウンロードして切り抜いたり、構成を考えて再アップし、見栄えがするように並べ替える必要があります。

こう書くとダルそうだなと思うかもしれませんが、実際に売る商品の数はそんなに多くないと思うので(売れそうな商品を狙って売るショップの場合)案外すぐ終わりますし、そういう作業って意外と楽しいです。

どうすればアクセスして来た人が「うわすげーーーポチィィィ!!」って買っちゃうかなって考えるのってゲームみたいで面白いです。

なんだこのサイト!すげぇえぇ!購入ボタンポチイィ!!

サイトアクセスしてきた人をそう思わせるようなサイト設計が重要です。
(今回はテンプレートを使うのでテンプレートの選定。)

サイトの中に誤字がなかったり、説明がしっかりしていたり、反応速度が早かったり、ボタンの位置がわかりやすかったり、その全てが購入に関係してきますよね?(少なくとも自分はそう)

いくら良い商品を、安く売ったとて、サイトがキモかったら誰も買わないんですよね!
だから、たとえ有料でもいいなと思ったサイトテーマがあったら、買っちゃいましょう!

有料テーマ買うの尻込みしている人は、
今から自分が、一からプログラムを学習して同じレベルのテーマを作れるようになるまでの時間を
時給1000円で換算してみれば、よっぽどお得だと思えると思います!(時給換算した結果がテーマより高ければお買い得)

FBアドマネージャーから広告出稿

そしてとうとう最終段階に進みます。広告出稿です!

広告出稿です!出稿って全然使わないので楽しくなって、二回も言っちゃいました!wwww

フェイスブックのアカウントが無い場合は作ってください。
あと、メアドを使い切ってしまった場合は以下のライフハックが便利なので、ぜひ試してみてくださいね。

1つのメールアドレスで無限にアカウント生成できます。

そんなこんなで、フェイスブックアカウントを作ったら、今度はフェイスブックアドマネージャーを開きましょう。

Facebook広告マネージャ
Facebook、Instagram、Messenger、Audience Networkへの広告掲載は、広告マネージャから始まります。

さっきのアカウントでログインしたら、早速広告を出していきます。
この時点で広告を作って無い場合は2マス戻る。

僕が行った方法は、インスタグラムストーリーズ広告で、ひたすら商品を宣伝する動画を載せることです。

前菜 : スライドショーの切り替わりを素早くした感じの動画に ~ポップな音楽を載せて~
と言う感じの動画を作って広告を流しました。

面倒臭かったことは、スマホ画面に合わせたサイズの動画を作ることで、
1080×1920の縦動画になるんですが、それに合わせた画像とかを作るのがめんど臭かったです!

スマホサイズの画像を量産する方法

インスタストーリーを作るアプリってのがあるのですが、
普通はイキリインスタグラマー(僕)とかが、自分のインスタストーリーをちょっとでもオシャレに差別化しようとして使っています。

どんなアプリかと言うと、フィルム風のフレームだったり、パソコンのウィンドウ風のフレームとか、フィルタが入っていて、画像をはめ込んで出力してくれます。

広告に使う画像をスマホに送って、そのアプリではめ込み画像を量産して、パソコンに送り、その画像で広告動画を作るとスタイリッシュな広告が秒で作製できます。

オススメアプリ:Unfold

Unfold — Toolkit for Storytellers
Unfold is a toolkit for storytellers. Create beautiful and engaging stories from minimal and elegant templates. Available now for iOS and Android.

オススメアプリ:StoryLux

https://apps.apple.com/us/app/storyluxe-templates-filters/id1324447436

これらを駆使して、目を惹く画像を作ります。
そしたら、PCで速度付けて動画にして、目まぐるしく画像をパラパラさせて、脳死状態でストーリーを開いている人の気を惹きましょう!脳に刺され!

フェイスブックアドマネージャーから広告を出す方法

僕が実際に出してみてわかったことは、広告を出せば出すほど、自分にデータが溜まっていくので、「この商品を買いやすい層はここだな」的な狙いが分かるようになります(直感的にも、統計データ的にも)

加えて、FBアドマネージャーは色んな数値を割り出してくれるので、広告の勉強にもなります。
ROASとかLTVとかCTRとか、言っていることは簡単なことなのですが、ちょっとカッコいいですよね?(それだけ)

出稿方法を要約すると、

  • 広告用の動画を用意しようね(15秒以内)
  • 広告を出す予算と期間を決めてね
  • 広告を見せる層を絞ってね
  • カテゴリー・年齢・地域・性別を決める
  • 完成!審査!
  • 審査完了!出稿!

こちらの動画に詳しい方法が載っているので詳しく知りたい人はみてみてください。

How to Create Instagram STORY ADS in 2020 – Step by Step Instagram Advertising Tutorial

注文捌き=発注作業

とうとう最後の項目になりました。
僕が一番だるかったな、と自信を持って言える発注作業です。
注文が増えるのは嬉しいことですが、その分発注しなくてはいけません。

マジでだるいです。

ただ、「無在庫転売だし、在庫リスクゼロだし、まあいいか」と思うことでなんとか乗り切れました。

ここまで読んでくれて397~~

*完全に余談ですが、飲みの席とかで「397〜」とか言う人って、悲しい過去がありそうな顔してますよね?

先にも書きましたが、 AliDropshipには発送先住所の自動入力システムがあって、ボタン一つで自分のAliExpressアカウントのカートに商品が追加されて、自動で住所が入力されるのですが、

AliExpress側で住所の日本語入力対応してねえ….

加えて、海外の住所の書き方って、日本と全部逆なんですよね。町→市→都道府県→国のように日本と逆なんです。そこも書き直さなきゃいけなかったりで、面倒臭かったです。ただ、そこさえ入力して発送してしまえば利益が生まれるので、楽チンと言えば楽チンです。

最後に、バイトとどっちが楽?

どっちもめちゃ大変だった!

時給制のバイトは、働く前から給料が約束されていますが、ネットショップは全くわかりません。
ただ、無在庫転売なので、赤字になることは殆ど無いですが、黒字になるかどうかはやってみないとわかりません。

ネットショップで心配になること一覧

  • 広告がちゃんと回っているか
  • サイトのアクセス数
  • サイト内での行動フロー
  • 商品の売れ行き
  • 次に売る商品を考える
  • もっと効果的な広告の方法
  • どうやったら人の目に止まるか
  • 商品が品切れになっていないか
  • サイトがバグっていないか
  • ちゃんと発送されているか
  • 購入者のリストどう活用しよう…etc….

そのうち慣れるとは思うのですが、少なくとも僕はこのことで頭がいっぱいになって、「面倒くさいなあ」と思ってしまいました。

ネットショップ、敷居はすごく低くて簡単に作れますが、実際に利益を出し続けるのはめちゃ難しいと実感しました。ただ、商品が売れた時の快感は普通のバイトでは味わえないなとも思います。

費用もそこまで掛かりませんし、なんならペイ出来るので春休みにでも試してみてはいかがでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました